シルビュー・ヴィテズって誰だよ。【K-1】芦澤竜誠と対戦する謎の外国人を調べてみた

こんにちは。
ワンだふるblogです。

本日行われたK-1 WORLD GP 2018 JAPAN 6.17大会 記者会見。

トーナメントの全組み合わせが発表されました。

第一試合:小澤海斗 vs ジョージ・バレラ
第二試合:村越優汰 vs エリアス・マムーディ
第三試合:芦澤竜誠 vs シルビュー・ヴィテズ
第四試合:西京春馬 vs 朝久裕貴

まあ、全体的に予想通り。
ワン・ジュングァンは出してくると思いましたが・・・。

この中で、個人的に気になった選手が一人。

第三試合で芦澤竜誠選手と戦う、シルビュー・ヴィテズ選手です。

これまでの戦績では一度も負けた事が無く、
会見では優勝候補筆頭と持ち上げられていますが・・・。

如何せん、全く情報がありません。

とりあえず今回は、そんなシルビュー選手をネットで調べてみました。

シルビュー・ヴィテズ(Silviu Vitez)って誰?

ルーマニア出身の23歳。
通算戦績は22戦19勝(12KO)3分。

主なタイトル歴:
特になし。
ヨーロッパを主戦場としているムエタイファイター。

うーん…。

一応、いくつか試合も見てみました。

↑刺青の方です。
たしかに弱くはないんですけどね…。

どの試合も「アマチュアかよ」と突っ込みたくなるほど規模の小さいもので、
正直K-1に出ていいレベルなのかと疑います。

運営的には芦澤選手に勝たせるために、
戦績だけ良い選手を呼んだのかな?という印象です。

世界的に無名のヨーロッパ人ムエタイファイターで、
しかもK-1ルールは今回が初という事。

この人選は正直いかがなものかと思います。

結論:弱くはないけど、優勝候補には程遠い

K’FESTAで城戸康裕選手と対戦したイッサム・チャディットも同様ですが、
K-1は戦績だけ良い無名のファイターを好みますよね…。

まあ一般人を騙すにはうってつけなのは分かりますが、
許されるのはスーパーファイトまででしょう。

いきなりトーナメントにこのレベルの選手を参戦させるのは、如何なものかと思います。

芦澤選手はシルビュー選手の事を「最強の相手」と言いましたが、
それはあり得ないでしょう。

世界的な実績ではエリアス・マムーディが少し抜けており、
二番手集団に西京・村越・朝久が。
小澤選手もワンチャンあるかな?という印象です。
他三人は可能性が0に近い気が…。

個人的には朝久選手の戦いが楽しみですね!

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

シェアする

関連記事