【K-1】木村ミノル対ジョーダン・ピケオーが実現!【勝敗予想】

昨日行われた「Krush.93」。

この大会ではスーパーウェルター級(-70.0kg)のタイトルマッチが行われました。

絶対王者ジョーダン・ピケオー選手が和島大海選手を退け、見事4度目の防衛に成功。

そして試合後にはビッグサプライズがありました。ピケオー選手が現在の階級に敵がいないと主張し、今後はウェルター級(-67.5kg)のタイトルに挑戦したいと意思表明。

その後はリング上でKrushウェルター級王者「木村“フィリップ”ミノル」選手を呼び出し、対戦を要求。

木村選手もこれを快諾し、実現のため観客を煽ります。

そして本日行われたK-1ワールドグランプリ(11.3)の対戦カード記者会見にて、早くも実現されました!

木村“フィリップ”ミノルvs.ジョーダン・ピケオー

画像参照:https://twitter.com/k1wgp_pr/status/1046632160768061440

観たい……!

これは観たい……!!

どう考えても大会の目玉になるでしょう!

会見では、木村選手が自身の格闘技・K-1に対する想いを熱く語り、記者からの質問も止まりませんでした……。(やっぱりK-1はミノルしかいねーぜ)

この対戦に関し、個人的にはひとつだけ懸念事項があります。

それを述べたうえで、気になる勝敗予想もしてみたいと思います。

懸念事項:ジョーダン・ピケオーって減量できるの?

個人的な疑問がこれです。

以前からウェルター級への挑戦を希望していたピケオー選手ですが、そもそも67.5kgまで体重を落とせるんでしょうか?

だってピケオーって、明らかに体格大きいですよね。

通常体重がどれほどか分かりませんが、パッと見た感じでは現在の階級がベストのようにも思います。

しかし筋肉隆々の黒人スポーツ選手って、意外に体重が軽い事もあるので、ピケオーもそのタイプかも。

対戦が実現するも、減量苦でふらっふら……。

そんな試合にはなってほしくありませんけどね。

ジョーダン・ピケオーvs.木村“フィリップ”ミノルの勝敗予想

これは難しい!

ピケオーの前に出るプレッシャーは真の世界一流レベルで、木村選手のキャリアではvs.久保・ゲーオ・野杁と並ぶ最大級の挑戦になると思います。

ピケオーはかつて戦ったマサロ・グランダ―の上位互換のような存在でしょう。

しかし、木村選手の最近の試合の完成度は高く、特に山際選手との一戦で見せた落ち着いた試合運びは素晴らしかったです。

ピケオー選手も決して打たれ強いわけではなく、グレゴリアンやアラゾフには一撃で意識を断ち切られていますね。

はたして、木村選手のパンチが通用するのか……。

木村ミノルの大ファンである私からすれば、もちろん勝ってほしいのが本音。

しかしこの試合、はっきり言って勝敗は予想できません

というより、勝敗が分からないからビッグマッチなんですよ。

以前ペトロシアンvs.アラゾフの世紀の一戦がありましたが、これに近い心境です。

…が、期待を込めて勝利は木村選手と予想しておきましょう。

相性的な事も考え、日本人でピケオーに勝つ可能性があるのは久保選手・木村選手の二名ではないでしょうか。

ピケオー選手の減量にも注目ですね。

まとめ

これは楽しみな一戦ですよ。

K-1では久しぶりに緊張感のあるマッチメークです。

そして注目は木村選手の今後の動向。

自身の現K-1に対する考えを語り、真に格闘技に取り組んでいる選手の名や、チープなトラッシュトークなどで話題だけを集める選手、また強者と対戦をしない選手たちを強く批判しました。

これに関して、真の格闘技ファンは全員同意するかと思います。キックボクシングはプロレスではなく、格闘技なのですから。

那須川天心vs.堀口恭司がお茶の間でも注目を集める中、木村選手は新生K-1の現状に我慢できなかったのでしょう。

新生K-1に有力選手が集まっているのは事実。

チンギス・アラゾフ、久保優太、野杁正明、卜部功也。

木村選手が名をあげた選手たちは、まぎれもなく世界トップファイターです。

しかし、彼らでも世界に敵はいないのか?と言われると、そんなことはありません。

まだ真の世界一を名乗る段階ではないのです。

今後のK-1の巻き返しに期待したいですね。

シェアする

関連記事