『二つ折りか長財布』アナタはどっち派?それぞれのメリットとデメリット

こんにちは。ワンだふるブログです。

財布って「二つ折り財布」と「長財布」の二種類がありますよね。もちろん三つ折り等の財布も存在しますが、一般的な財布は上記の二通りでしょう。

折りたたみ式か否か…。これはけっこう好みが分かれる問題です。ちなみに私は使い分けており、日常では長財布、仕事の時のみ二つ折り財布を使用しています。長財布の方が好きなのですが、仕事の時は出来るだけ身軽になりたいのでポケットにも入るコンパクトなものを使ってるんです。

さて、そんな「二つ折り財布」と「長財布」ですが、実際それぞれのメリットとデメリットはどのような点でしょうか。単純なものはパッと思い浮かびますが、今回は少し掘り下げて比較してみる事にしましょう。

これから財布の購入を検討されている方は、ぜひご参考頂ければと思います。

二つ折り財布のメリットとデメリット

まずは二つ折り財布から見ていく事にしましょう。私の経験則だと、男性はこちらのタイプを好む傾向にある気がします。

メリット

・携帯性が高い

二つ折り財布を好む人は、ほとんどがこの点を重視しているのではないでしょうか。私も仕事の時に二つ折りを使用しているのは、この理由からです。ポケットにもすっぽり入りますよね。

・取り出しやすい

手軽に携帯している分、取り出すときも素早く可能です。お会計時にもたつく事は少ないはず。

デメリット

・収納性が低い

これは悩みどころです。クレジットカードなど、あまり大量に収納する事は出来ませんよね。無理をするとパンパンに膨れ上がり、見苦しい見た目になってしまいますよ。

・デザイン性で劣る

これは一概には言えませんが、デザイン性では長財布に劣る事が多い印象です。単純にサイズが小さい分、デザインの幅は狭まりますよね。

・お札を折らないといけない

これは一部の方は気にします。単純にお札がしわしわになる事が多いのと、あとは風水や金運的な理由ですかね。

長財布のメリットとデメリット

次は長財布について見ていく事にしましょう。ちなみに私はこちら派で、身軽になりたいときだけ二つ折り財布を使用しています。

メリット

・収納性が高い

ようするにたくさん入るという事です。これは単純かつ大きなメリットで、私も様々なカードを突っ込んでいます。

・中身が見やすい

長財布は大きく開ける物が多く、中に入っているお金やカードが見やすいと思います。小銭なども探しやすいので、探す手間は少ないかと。小さなカバンのような感覚ですね。

・長持ちする

これは一概には言えませんが、長財布の方がカバン等に収納して持ち運ぶため、ダメージが少なく劣化するスピードが遅い気がします。もちろん折り畳み式でも大切に使用すれば長持ちしますけどね。

・デザイン性が高い

サイズが大きい分、それだけデザインの幅は広がります。長財布はおしゃれなデザインが多い印象ですね。

デメリット

・携帯性が低い

持ち運びやすさにおいては折り畳み式にはかないません。長財布は基本的にカバンなどに収納する必要があるでしょう。ちなみに男性でズボンの後ろポケットに長財布を入れている方を見かけますが、かなり危険な行為なので止めた方がよいと思います。

・取り出すのに時間がかかる

カバンに収納している時はそこから財布を取り出す時間がかかります。また長財布はサイズが大きいため、手の動きに制限が出てしまいますね。

まとめ

まとめになります。

ここまで色々と書きましたが、「二つ折り財布」と「長財布」を選択する際に重要な点は二つ。収納性と携帯性に関してです。収納性を重視する方は二つ折り財布を、携帯性を重視する方は長財布を使用するのが良いでしょう。

その他の点に関しては、正直好みの問題だと思います。皆さんが重視する点を考慮し、お気に入りの財布を見つけられると良いですね。

それでは今回はここまで。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

シェアする

関連記事