【どうなる武尊?】新生K-1第4代スーパー・フェザー級王座決定トーナメント開催決定!

こんにちは。ワンだふるblogです。

以前木村ミノル選手の紹介をした事からも分かるように、
私、格闘技が大好きなんです。
特に国内のイベントなら、K-1は毎回見ますね。

そんなK-1ですが、
内部のトラブルが絶えない様子…。

今回はなんと、
スーパーフェザー(60kg)級の大雅選手が

契約違反により王者剥奪という珍事態が発生!

そのため予定されていたタイトルマッチ武尊vs.大雅の一戦も消滅。

これにより急遽、空位となったスーパーフェザー級の王者決定トーナメントが開催されることになりました。(本当に急遽)

組み合わせは以下の通りです。

第1試合:卜部 弘嵩  vs. 皇治
第2試合:小宮山 工介 vs. スアレック・ルークカムイ(Suarek Rukkukamui)
第3試合:武尊     vs. スタウロス・エグザコスティディス (Stauros Exakoustidis)
第4試合:郷州 征宜  vs. ティムール・ナドロフ (Timur Nadrov)

準決勝は第1試合と第2試合の勝者、そして第3試合と第4試合の勝者がそれぞれ戦います。

いや~、急遽決まったにしてはなかなか面白いメンバーですね。

今回は完全な私見ですが、少し試合内容を予想してみたいと思います。

※3月21日、大会は無事開催されました。
大会の感想はこちらに掲載しています↓

2018年3月21日。 ついに開催された新生K-1史上最大の祭典 K’FESTA 1 前半戦は少しグダってましたが 予想を裏切る熱戦...

第1試合:卜部 弘嵩  vs. 皇治

正直、実力的にはそれほど大差がない印象…。
興行的には皇治選手が勝った方が盛り上がるか!?
お互い、この試合に負けると今後が厳しいですね(キャラ設定的に)

予想 6-4で皇治選手

第2試合:小宮山 工介 vs. スアレック・ルークカムイ

K-1初参戦のスアレックは元ラジャダムナンスタジアム・フェザー級7位の実績。
トップ選手とは言えませんが、実力者です。
昨年はレベルスで梅野源治選手と対戦しており、判定負けに終わっています。
ムエタイ選手にしては珍しく、パンチを多用するアグレッシブファイター。
こういう選手をムエタイでは『ムエマッド』と呼びます。
しかし捨てパンチが少なく、振り回してくるタイプなので、
順当にいけば小宮山選手の判定勝ちに終わるかな?

予想 8-2で小宮山選手

第3試合:武尊  vs. スタウロス・エグザコスティディス

大注目の一戦。
これまで注目を集めてきた武尊選手ですが、
世界のトップファイターと戦うのは今回が初めてですね。
正直、相性的に少し分が悪い印象。
これまでのように被弾覚悟で前進すれば、おそらくKO負けになるのでは?
スタウロスはカウンターもうまいですからね。
少なくとも、階級を上げて一戦目でキャリア最大の試練ですね。
しかし、どちらが勝つにせよ消耗の大きい一戦になる事でしょう。

予想 7-3でスタウロス選手

第4試合:郷州 征宜  vs. ティムール・ナドロフ

こちらも注目の一戦。
ティムール・ナドロフはK-1初参戦で、今回出場する選手の中では最も世界的ステータスが高い実力者です。
2015年位はWKFの世界王者に輝き、2017年にはセルジオ・ヴィ―ルセンをKOで下しW5(ロシアのキックボクシング団体)で王者を獲得しています。
ガードが固い選手ですが、パンチは大振り。
ただ、パンチ・キックともにスピードはあります。
実績を考えると、ティムール・ナドロフ選手が圧倒的に有利か?

予想 9-1でティムール選手

準決勝1(予想) 皇治vs. 小宮山 工介

さすがに実力的に小宮山選手の勝利か!?
オーソドックスには負けないと公言している皇治選手の意地にも注目!
ただ小宮山選手が冷静に距離を取って戦えば、たぶん皇治選手の攻撃は当たらないと思いますよ。

予想 8-2で小宮山選手

準決勝2(予想) スタウロス・エグザコスティディスvs. ティムール・ナドロフ

一回戦の消耗具合も気になりますが、実力的にはスタウロスが勝つのでは?
ティムールもパンチを打つ際にスキがあるので、カウンターが決まりそうな印象。
いずれにせよ、一回戦の武尊vs.スタウロスが大きな鍵になりますね。

予想 8-2でスタウロス選手

決勝(予想) 小宮山 工介vs. スタウロス・エグザコスティディス

昨年の再戦。
これは予想が難しいですね…。スタウロスの消耗具合が気になります。
小宮山選手は2014年にBLADEのワンデートーナメントで優勝した実績もあり、
やや経験で優っているか?

予想 6-4で小宮山選手

武尊の優勝の可能性は?

おまけになりますが、武尊選手の優勝の可能性について考えてみたいと思います。
正直、私はあまり高くないと思います。予想では10~20%程度。
武尊選手の戦績を見ても、これまで海外の強豪とは一度も対戦していません。
彼のファイトスタイルは、プレッシャーと手数の多さで相手を飲み込むというもの。
これは格下にしか通用しないスタイルです。
今回出場するスタウロスとティムールからすると、ガードを固めれば取るに足らないプレッシャーだと思いますよ。
武尊選手は手数・スピードを重視している分、ほぼ手打ちに近いんです。腰の回転が明らかについてきていません。
これでは、フィジカルで上回る相手を崩すのは難しいでしょう。
ただ、判定までいけばどうなるか分かりませんけどね。

まとめ:優勝予想は小宮山選手

私の優勝予想は小宮山選手ですね。
次点でスタウロス選手。
武尊選手とティムール・ナドロフ選手もチャンスはあり。
その他はちょっと厳しいかな・・・という印象。
武尊選手の60kgでの実力は要チェックです!いずれにせよ、武尊vs.大雅よりも数段楽しみになりました!!
では、今回はこれにて失礼します!

3.21が楽しみですね!

他の記事

こんにちは。ワンだふるブログです。 今回紹介する格闘家はK-1ファイターの木村フィリップミノル選手。私が一番好きな格闘家であり、彼...

シェアする

関連記事