【K-1】アクラム・ハミディ|武居由樹と対戦するムエタイファイター

先ほど発表されたK-1の9.21スーパーファイト対戦カード。武尊選手の対戦相手が絶望的に無名だったため、かなり雲行きが怪しくなってきています…。

そして気になるのは、ただいま絶好調のスーパー・バンタム級王者 武居由樹選手の対戦相手。今回のお相手はコチラ

アクラム・ハミディ  Akram HAMIDI

繰り返しになりますが、武尊選手の対戦相手はあまりに酷すぎました。それと比較すると、アクラム選手はそれなりの実績があるフランスのムエタイファイターです。(下の階級ですけどね)

那須川天心選手が対戦しているロッタンなどと比較すると差が大きいですが、武居選手が言うように今後の対ムエタイに向けての入門にはなるのではないでしょうか。

今回はアクラム選手の簡単な紹介をさせて頂きます。

アクラム・ハミディのプロフィール

氏名:アクラム・ハミディ  Akram HAMIDI

国籍:フランス

身長:166cm

生年月日:1999年1月4日(K-1公式ページより。海外サイトでは違う記載もあり)

戦績:27戦 24勝(13KO) 2敗 1分

タイトル:WMF欧州スーパー・バンタム級王座

この選手、武尊選手が対戦するルカ・グルソビンとは違い、それなりに試合実績があるようです。まあ世界王者と対戦…というと相応しくないかもしれませんが、今の新生K-1のレベルを考えると妥当な人選だと思いますね。

試合動画がコチラ。

前蹴りがいいですよね。ちなみに対戦相手のNong Roseは、日本語表記するとノンロス。そう、先日KNOCKOUTで石井一成選手と対戦した、オカマファイターのノンロス・バーンジャロンスックです。

この試合はアクラム・ハミディの判定勝利に終わっています。まあこの試合は結構グダグダで、さらにパリでの開催なので少し地元びいきが入っている気がしなくはないですが、いずれにせよラジャダムナンスタジアム認定スーパーフライ級7位のノンロスと、それなりに渡り合える実力はもっていると言えるでしょう。

武居由樹との試合予想

上の動画を見て一つ気になる事が・・・。

この選手、そもそもK-1ルールに適応できるのか?

動画を見ても、明らかに組付きは多く、組付きや肘無しでの接近戦がこなせるとは思えません。さらに加えると、この選手の本来の階級はスーパーフライ級。52kg程度です。

本来の階級が下で、K-1ルールの経験がないムエタイ中堅ファイターに、武居由樹選手の相手は酷だと思いますよ。それほどK-1向きの動きをしていないですしね。ボディもがら空き…。

おそらく、以前K-1に参戦したビクトー・サラビア程度の実力だと思います。まだビクトーの方がK-1向きだったかな?

武尊選手の対戦相手と比較すると大分マシですが、やっぱり物足りない印象はあります。しかし武居選手が話すように、これを機にムエタイの強豪ファイターとの対戦を重ねてもらえると、楽しみが増えますね!

おそらく武居選手の圧勝で終わると思いますが、期待しましょう。

シェアする

関連記事