芦澤竜誠vs小澤海斗が実現!微笑ましいやり取りからナマズくん騒動へ

6月17日に行われたK-1 WORLD GP第二代フェザー級トーナメント。

終始盛り上がりに欠けたトーナメントになってしまいましたが、唯一評価を上げた選手がいました。

芦澤竜誠 選手です。

大会前はその実績がトーナメント出場にふさわしくない事もあり、批判が多かったのですが、いざ蓋を開けてみると大健闘!

初戦のシルビュー・ヴィテズ(たぶんこれは噛ませ犬)を1RでKOすると、続く準決勝の西京戦は終盤追い詰める場面が見られ、2R目のフラッシュダウンが無ければ勝っていたか?と思わせる内容に。まだ伸びしろも多く、今後が楽しみな選手の一人になりました。

しかし健闘した芦澤選手に対し、全く見せどころが無く終わってしまった選手がいます。

小澤海斗 選手です。

以前のトーナメントではスターである武尊選手に噛みつくことで注目を集め、知名度を高めた選手。

今回のトーナメント出場選手の中では最も人気が高く、活躍が期待されていましたが、一回戦1R目でフラッシュダウンを二度奪われて呆気なく終わってしまいました。

ちなみに今回のトーナメントに向けた会見で、芦澤選手は小澤選手を執拗に挑発。

『小澤君は雑魚だからどうせ上がってこれない』

しかし、奇しくも芦澤選手の言った通りになってしまいましたね…。

さて、そんな犬猿の仲とも言える芦澤選手と小澤選手ですが、今回のトーナメント後にTwitterでやり取りがありました。

芦澤選手が小澤選手に対戦表明した形ですが、挑発に見えて実は慰めのようにも感じられる内容で、観ていて微笑ましいものです。

負け犬同士9月にタイマン!?

芦澤選手が小澤選手に対して放ったメッセージがコチラ。

『不発のの』って書くところが可愛いですが、これは明確な対戦表明です。9月というと、次回開催されるK-1の事ですね。

これに対する小澤選手のアンサーがコチラ。

今回のトーナメントに対して、おそらく一番懸ける想いが強かったのが小澤海斗選手。その事もあり、優勝候補に彼の名前をあげる人が多かったのも事実。

しかし結果はあまりに呆気なく、焦って雑になった所でフラッシュダウンを奪われるという結果に終わっています。試合終了後も呆然としており、目は虚ろでした。

今回の芦澤選手の対戦表明は何も知らない人からすると「挑発」のように見えますが、これはあきらかに同志に対する「エール」ではないでしょうか。

K-1サイドとしても、このマッチメークを組まない手はありません。実現すれば、大注目の一戦になりますね。

あっさり対戦が実現。そしてナマズくん騒動へ…

そしてあっさり対戦が決定しました。9.24のK-1WGP、スーパーファイトにて実現します。

会見はなんとも微妙な形で始まりました。最初は上機嫌で話す小澤選手。

「俺も漢だから対戦を受けました」との事。

しかし、その後芦澤選手が中途半端な形で小澤選手を褒めました。

「一回戦負けの選手と戦うメリットがない。でも一回戦で負けたのは勝ちに行った結果で、内容は褒められるものだった。」

そう、芦澤が小澤を褒めたのです。

これを聞いた小澤選手はなぜかキレ始めます。

上から目線で言われたからキレたのか?それとも、初めからキレるよう準備していたのか?

ずれにせよ、文脈的にちょっと謎のタイミングでキレた小澤が放った一言がコチラ。

「おい、ごちゃごちゃウルセーんだよ ナマズくん

ナマズ!?

その後、予定調和のように乱闘騒ぎに移行する会見場。なにこれ、もうプロレス・・・

しかし芦澤は怒りのあまり、手の震えが止まらない様子。どうやら本当に怒っているようです。

まあとにかく、こんなわけで、小澤vs芦澤の新生K-1史上最大のプロレスマッチは実現したのでした。

いったいなぜナマズくんなんだ

ナマズ君と言われ、芦澤サイドは激高。師匠の梶原龍児さんまでお怒りの様子。どうやら容姿の事を言われたのに対し、思う所があるようです。

さすが歌舞伎龍、言う事がカッコいい。漢だ…と思いながらも、このツイートに対する返信欄ではフルボッコに。

「いや、芦澤も人の容姿の事言ってるだろ」

…うん。正論だ。

ちなみに、「ナマズくん」は本当に容姿の事を指しているのか?

検証してみましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ナマズくんは容姿の事を指すのか?真意が気になる方は直接小澤海斗選手にお尋ねください。(当ブログでは一切責任は負いません)

対戦すればどちらが勝つ?

非常に難しいところですね。

トーナメント前ならば小澤選手が圧勝するかな?と思っていましたが、芦澤選手の成長度合いを考えると、現在ならば同等か、もしくは・・・といった印象です。

二人ともフラッシュダウンが多い選手なので、判定ならばどちらが勝つかはわかりませんね。当たり前の事を言いますが、ダウンを多く奪った方が勝利します。

相性的には噛み合うような、性格的にもバチバチに打ち合う試合になりそうです。

小澤選手はミドルキックに磨きがかかってきているので、芦澤選手の弱点であるボディーを効かせられたら勝利が近づくでしょう。

対する芦澤選手は、独特の当て感を持っているため、うまくストレートをヒットさせれば優位に進められるはず。小澤選手はストレートに対する反応があまりよくないですからね…。

いずれにせよ、予想は五分五分です。どちらが勝ってもおかしくありません。

二人の対決に期待しましょう!

シェアする