武尊って心の中では小澤海斗を認めてるよね【実は仲良し?】

こんにちは。ワンだふるブログです。

早いもので、本日は6月4日。

そう、6月17日に行われるK-1 WORLD GPまで、あと2週間となりました。

最近のK-1は裁判沙汰など問題が多く、ファンとしても少しモヤモヤがありますが、なんだかんだで楽しみなんですよ。(ファンだからこそ、今後の事を考え、クリーンな運営を心掛けていただきたいですが…。)

さて、今大会の目玉はやはり第2代フェザー級王座決定トーナメント!

本命不在の大会なため、誰が優勝するのか分からないのが今回のトーナメント。

個人的には朝久裕貴選手が頭一つ抜けてるかな?という印象がありますが…。

話が変わりますが、6月2日に行われた恒例の大会前スカイツリーイベント。

これに参加した武尊選手が、進行役からトーナメントの優勝予想について質問された時、まさかの回答をしてくれました。

武尊「う~ん…………小澤君かなぁ………?」

(´Д⊂ヽ

やっぱりなんだかんだ、武尊も心の中では小澤海斗の事を認めている様子。

かつての武尊vs小澤海斗は、これまでの新生K-1の中で最も盛り上がった一戦でした。

今回はこれまでの二人の関係について、改めて振り返ってみる事にしましょう。

なあ武尊。お前皆から好かれてる気でいんじゃねえぞ

二人の関係は、2016年に行われたK-1 WORLD GPの記者会見にて、小澤海斗選手が王者の武尊に挑発を繰り返したのが発端です。

小澤選手は当時武尊選手が返上したKRUSHのベルトを保持しており、勢いがあった事で注目が集まっていた一戦。その上プロレス並みの舌戦が繰り広げられ、この会見の動画再生数は200万近い数字を記録しています。

何より衝撃的だったのは、これまで謙虚だった小澤海斗選手のキャラクターが一変していた事です。

ちなみにこの会見に台本は無く、ガチの舌戦だったとの事。

この一戦は武尊選手の判定勝利に終わっており、戦い終えた小澤選手は言葉を交わすことなくリングを去っています。

あたりめーだろこの野郎

二度目の対戦は初代フェザー王座決定トーナメント。

その前日会見でアイスクリーム男(武尊)は小澤に対しこう伝えます。

「世界最高の舞台、決勝でぶっ倒してやるからちゃんと上がって来いよ」

この発言を受け、小澤選手は笑みを隠し切れず、「あたりめー↓だろこの野郎」という微妙なイントネーションの返しをしました。

小澤選手の素の部分も見られ、ヒールを演じながらも何とも愛らしいキャラに見えてしまったのは私だけではないでしょう。

トーナメントの激闘を終えて

約束通り、トーナメントの決勝で拳を交えた両雄。

1R目は武尊のプレッシャーに圧倒される小澤海斗。しかし徐々に自分の力を発揮し、最後は壮絶な打ち合いに。結果は2度のダウンを奪っている武尊が判定勝利し、見事二階級制覇を成し遂げました。

判定を終えた両者は、笑顔で健闘をたたえ合います。これまでトラッシュトークしてこなかった両者が、はじめてお互いを認め合った瞬間でもありました。

この時の二人は具体的には公開されていませんが、武尊は約束通り決勝に上がってきてくれた小澤に感謝しており、「拳で会話できた」と語っていたそうです。

あいつ(小澤)はガチなんですよ

エゴサーチTVに出演した際の武尊。

小澤海斗とのやりとりは台本があったの?質問された際の返答が

「あいつはガチなんですよ」

武尊いわく、他の選手は舞台裏では「よろしくお願いします」などの挨拶があるとの事だが、小澤海斗だけは本気で挑発してきていたとの事。

巷で流れていた「武尊と小澤の仲良し説」を全力で否定していました。

マジ仲良くねーから

こちらは2018年4月18日に放送されたK-1 WEDNESDAY CHANNELの一コマ。

視聴者から「実は武尊と仲いいんじゃないの?」と質問された小澤海斗。

その質問に対するアンサーがこちら。

「マジ仲良くねーから。しゃべったこともないし。」

ちなみにこの後、トーナメント決勝戦後に交わした言葉について聞かれていましたが、冗談でごまかしていました。

何を話していたんでしょうね。

優勝候補は小澤君

ここで冒頭のスカイツリーイベントにつながります。

トーナメントの優勝候補について聞かれた武尊が出した名前が「小澤海斗」。

ここまで新生K-1を引っ張ってきた武尊選手。

そして武尊選手のこれまでの戦いで、最も盛り上がった一戦がvs小澤海斗選手。

この一戦が新生K-1のハイライトと言っても過言ではないでしょう。

その対戦相手だった小澤海斗選手を、やはり武尊選手も認めているんでしょうね。

改めて振り返ってみると、ストーリー性を重視する新生K-1において、小澤海斗選手が王者になるのは相応しい事なのかもしれません。

はたして両者のストーリーに続きはあるのか。

次戦が王者同士の対決になれば、まさに新生K-1史上最高のビッグマッチになりますね。

小澤選手のトーナメントでの活躍に期待しましょう!

シェアする

関連記事